大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-1130

大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談

山本 泉里さん

山本 泉里さん

高校1年

中3の秋に国際教養大学(AIU)の大学祭に行って興味を持ち、高1の春に第一志望大学をAIUに決めました。クラスでAIUに興味がある人達とAIU志望の先輩達と一緒にグローバルセミナー(グロセミ)対策講座が春から始まりました。国際情勢や歴史など様々な分野の講座を南高の先生がしてくれたり、みんなでディベートをしたりしました。
部活も定期考査もうまく両立してできました。

高校2年

夏のグロセミに参加し、いよいよ来年の本番に向けてレポートの書き方やディベートの練習に力を入れました。また、ドイツ青少年交流やカケハシプロジェクトに参加し海外の文化に触れるイベントに積極的に参加しました。定期考査は少し手を抜いてしまい、全体的に悪かったです。でも高校3年間で1番充実した1年でした。

高校3年

春 〜Spring〜

グロセミ対策講座やレポート、ディベート練習を毎週やりました。春のグロセミではレポートでAをとれて自信がつきました。英語力を向上させるために、英語のエッセイの練習を始めました。毎週ALTに添削してもらいました。これはのちの英検や推薦入試にとても役立ちました。

夏 〜Summer〜

夏休みは最後のグロセミに向けレポート練習をし、グロセミが終わった後は秋の本入試に向けディベート練習、新聞を読み知識を深めるのに必死でした。他の高校生に比べ、教科の勉強は比べ物にならないくらいやっていませんでした。能開の数学の演習では100点中15点くらいしか取れなくてとても焦っていました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

怒涛の秋冬でした。まず、グロセミ本入試で定期考査の勉強が疎かになり過去最低点を取りました。そして2年半間対策をしてきたグロセミ入試に落ちました。でも不合格をもらってから2日後に英検があり気持ちを切り替えて頑張りました。春夏にエッセイの練習をしてたおかげでライティングで満点を取り、5回目でしたがやっと準一級に合格しました。それで自信を取り戻し、推薦入試に臨みました。志望理由書、面接練習、エッセイに追われて3年間で1番忙しい2ヶ月でした。結果、合格しました。また、能開の演習では回数を重ねるごとに点数が上がり、最後の方は6割くらい取れるまで伸びました。

合格格言

It is the darkest before dawn.

たしかに夜明け前が一番暗くて辛かったけど、その分日の出がとても輝いて見えました。それを信じて前に進めたのでよかったです。

ページの先頭へ

PICK UP!!