大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談
閉じる

栗本 紘希さん

栗本 紘希さん

高校1年

高校一年生の最初は勉強をしようと意気込んでいたのですが、慣れない部活との両立が難しく、やる気もあまりなかったので勉強することはあまりありませんでした。

高校2年

高校2年の9月あたりからやらなければどこにも大学はいけないと思い、まず数学から勉強をし始めましたが、基礎がなっていなかったので、あまり間に入ってなかった感じがありました。

高校3年

春 〜Spring〜

周りに影響されて授業を真剣に受けるようになりました。模試が多くなっていくにつれ自分の成績がはっきりとなりだんだんとと焦りが増えていきました。

夏 〜Summer〜

能開の夏期講習に参加し、この時期から各教科の基礎の学習を始めました。学校の学習合宿にもし、勉強の習慣をこの時期からつけ始めました。ですが、勉強時間と自分の成績の伸びが伴っていなくて相当焦りました。ここで高1高2で基礎学習をサボった仇が出てくるのがはっきりと明らかになりました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

夏からの基礎学習が効いたと思い始めたのがこの時期です。この時期になるまでは精神的には相当苦しいものがありました。ですが、成績が伸びるにつれ自分が成長できていることを実感し、より勉強に精を費やすことができました。

合格格言

やるしかない

焦っても勉強するしかないと悟ったから

ページの先頭へ

PICK UP!!