大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談
閉じる

高校1年

高校生になり、毎日の通学や授業の予習・復習など、新しい生活に慣れるのに苦労しました。体調管理のためにも夜遅くまで起きているのではなく、朝早く起きることを心がけていました。

高校2年

高校二年生は「中だるみの時期」と言われているので、自分はそうならないように心がけていました。周囲に勉強や部活などに真面目に取り組む人が多かったので、いい刺激を受けていました。また、自分の進路や将来についてより考えるようになった時期でもあると思います。

高校3年

春 〜Spring〜

いよいよ受験生になってしまった、という気持ちでした。学校行事の準備などでなかなか勉強の時間を取れないときもありましたが、通学の電車で隙間時間を見つけて英単語を見るなど、毎日地道に勉強することを心がけました。

夏 〜Summer〜

夏休みは自分の苦手科目を克服する最後の機会だと言われていたので、数学と社会科目に重点を置いて勉強しました。家にいるとダラダラしてしまうので、図書館や公民館などで勉強していました。たまに遊びに行くなど気分転換しながら、充実した夏を過ごせたと思います。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

受験が近づいてきて、精神的にも苦しい日々でした。その中でも、学校や塾に来ると必死になって勉強している人が多くいたので自分も負けないように頑張ろうと思うことができました。家族や先生方の支えも大きかったと思います。

合格格言

毎日コツコツ!

精神的に落ち込むこともありましたが、毎日の積み重ねが大切だと感じ、この言葉を思い出して勉強するようにしていました。

ページの先頭へ

PICK UP!!