大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談
閉じる

中川 みなみさん

中川 みなみさん

高校1年

高校は中学の勉強とは全然違い、予習の量が半端なく、周りもできる人ばかりでついていくのに必死でした。部活をするようになると、毎日の予習と部活に追われ、家に帰ってから勉強の最中に机の上で寝てしまうほど、毎日余裕がなく疲れていました。夏休みも部活と補習でほとんどありませんでした。

高校2年

高校の生活にも慣れ、少したるみがでてきます。しかし、結構厳しい部活に入っていたので部活に力を注いでいたような気がします。2年生は修学旅行などもあるので高校生活を楽しんだらいいと思います。けど、私は英単語の小テストを毎回もっと大切にしておけばよかったと後悔しています。

高校3年

春 〜Spring〜

勉強しなきゃという気持ちばかりが前にでて、なかなか満足のいくように勉強出来ていませんでした。どのように受験勉強したらいいのかもあまりわかっていませんでした。部活もあったので、定期テストに向けた勉強くらいしか出来ていなかった気がします。

夏 〜Summer〜

夏休みが重要だと先生に何度も言われていたので頑張りました。本格的な受験に向けた勉強は夏ごろから始めました。夏休みもほとんど学校に行って学習室で勉強していました。どこかに家族で行くときも単語帳などをいつも持ち歩いて見ていました。私は英語が本当に苦手だったので夏休みは英語の勉強に力を入れました。自分の勉強の仕方があっているのか不安になるときもあったので先生などに相談したりもしました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

家で勉強出来ないのが悩みだったので、学校の授業が終わると、すぐに学校の学習室に行き6時半ぐらいまで勉強し、その後Axisに行き10時ごろまで勉強するという生活を習慣づけていました。家では結構すぐに寝ていました。土日も毎日学校に行っていました。最初はしんどかったけど実行しているうちに慣れました。友だちとお昼ごはんを食べながらしんどさや、悩みやぐちを言い合いました。気分転換は本当に大切です。センターの勉強は学校の方針で1ヶ月に抑えて、それまでは二次対策でした。

合格格言

毎日学習室にいく人が強い

私は家であまり勉強に集中出来なかったので、勉強するのしんどいな、家に早く帰りたいな、と思った時も我慢して、学校の学習室に毎日残ってました。学習室に入るとケータイなどに惑わされずに勉強できるし、受験直前に、あれだけ毎日学習室で勉強したんだからと自信に出来ました。学校帰りはAxisに行き、Axisの自習室も利用していました。

ページの先頭へ

PICK UP!!