大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2812

素晴らしき先生

担当の先生方は、本当にわかりやすくて、わからない問題を突然質問したとしても、すぐに解いてくださり、教えてくださいます。たまには、相談に乗ってくださったりもしました。
授業外でも質問をきいてくださったり、添削をしてくださいました。
いい先生にあたることができたので、幸せでした。本当に感謝してます。
「この先生自分にあわないなあ。」って思って担当の人に相談すると、すぐに対応していただきました。
先生を替えてくだっさたおかげで、成績がとても伸びました。
近大附属和歌山高校を卒業してから毎日朝から晩まで塾で勉強しました。
自習室もよかったです。

個別指導Axisの先生からのコメント

大学合格、本当におめでとうございます。
2年間よく頑張りました。毎日自習室に通って、夜遅くまでよく勉強していましたね。
その成果が、合格という形で現れました。これからもその自信と共に、大学生活を目一杯頑張って、楽しんで過ごして下さい。
数学担当:西村

「オズの魔法使い」を知っているでしょうか。 カンザス州に住む少女ドロシーと愛犬トトが「オズの国」に飛ばされてから、家に帰るまでを描いた物語です。道の途中で、脳のないカカシ、心のないブリキの木こり、そして勇気のないライオンと出会います。それぞれの願いを叶えるため、偉大な魔法使いオズのいるエメラルドの都を目指すお話です。しかし、いざオズの国に着いてみると、魔法使いの正体は、大衆の願いを叶えているように見せかけている ただのペテン師 でした 。落ち込む一同でしたが、魔法使いオズの言葉で気付かされます。カカシには「脳」が、ブリキの木こりには「心」が、ライオンには「勇気」が、目に見えないだけで、既にあったのです。
 今となってはわかりませんが、作者のライマンは「夢や願いは叶えてもらうものではなく、自分で現実にしていくものである」ということを伝えたかったのかもしれません。
 提さんもオズの魔法使いでいう、「脳」「心」「勇気」の全てを既に持ち合わせていたと思います。ただ、自分では気付いていないだけで。合格、本当におめでとうございます。
英語担当:土井央好

  

ページの先頭へ