大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2819

太田 駿輝さん

太田 駿輝さん

口に出すこと、口を出されること。

友人や塾長と、テストの結果や学習の近況についてお話しする機会が多くあり、それが結果的にはとてもよかったです。自分でテストについて分析したり反省したことを、他人に話すことで考えが整理され、新たな気力が湧き、自分では気づけなかった弱点や、適切な勉強法を教えてもらえることもありました。もちろんそれをどう活かすかは自分次第なのですが、Axisには広い自習スペースもあり、勉強がしやすい環境だったので、教えてもらったことを実践することも容易でした。大切なのは、いろいろな悩みや不安、時には成功体験や驕る気持ちを口に出して、それに関して他人の口出し、アドバイスを受け入れることだと思いました。

受検生活を振り返れば、悩んだり落ち込んだり焦ったり…そんな時、支えて一緒に乗り越えてくれた人へ、感謝のメッセージ
Axis泉校・菊地塾長

先生、足掛け6年間大変お世話になりました。
うまくいったときもそうでないときにも話を聞いてくださり、的確な、かつ愛のある言葉を投げかけてくださったこと、忘れません。
思えば私は優秀でもなく、そのくせ変な自尊心のある扱いにくい生徒だったと思いますが、見捨てずに秋田高校、そして東北大学まで私を導いてくれて、本当にありがとうございました。
春からの新生活で、Axisにアルバイト教員としてお世話になる日が来るかもしれません。その時は、菊地先生のように生徒に寄り添える指導者を目指していきたいと思っています。

個別指導Axisの先生からのコメント

Axisを信じて通い続けてくれて、ありがとうございました。私のところに話をしに来る時のだいたいは、かかえている課題に対して「自分としてはどう向き合っていくのか」の結論をだした状態でした。後一押し欲しい!というところで私のところに来てくれていたのかな。と思います。太田くんの背中を押してあげることができていたとしたら嬉しいです!数学は悩みましたね(笑)そして最後まで数学から逃げなかった。だからこそAxisの指導者になったら、苦しい気持ちが理解できるから、生徒に最後まで寄り添い信頼される指導者になるはずです。持ち前の、大変なことも前向きにとらえ、がんばり抜く粘り強さを維持し、これからの大学生活を誰にも負けないくらい充実させてください。

  

ページの先頭へ