大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2808

合格のポイントになった時期&科目

高3の夏休み
物理
化学

同じ問題集を何回も解くこと。

自分は同じ問題集を何回も解く事で自分の知識を深めると同時に、学んだことの復習を行っていました。二次試験では化学を使用したので、化学の重要問題集を三回以上一か月の間に解きなおしました。何回も解きなおすことで苦手な分野を完全に潰すことができ、過去問の点数も解きなおすごとに上昇していったので、モチベーションの向上にもつながりました。また、同じくらい大切なのが受験大学の赤本を過去五年分以上解いてその大学の問題の出題傾向を把握することです。能開の先生に言われて印象的だったのは「赤本を解く時に必要なのは点数を取ることよりも、出題傾向を見極めることだ」という言葉です。実際に自分の大学では無機化学が出題されにくい傾向だったため、無機化学を勉強する予定だった時間をほかの分野にあてられたため、傾向を知らない受験生との大きなアドバンテージとなり、合格できたのではないかと思います。

ページの先頭へ