大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2934

合格のポイントになった時期&科目

高3の春休み
英語
現代文

現代文・英語は、構造的に読む

現代文も英語も、書かれている言語が日本語か英語かの違いで、基本的な読み方は同じです。どちらも段落ごとに、筆者が何を言おうとしているのかを自分で考えながら読み進めて行く必要があります。それが分かると、例えば、具体例の段落はある程度とばしながら読むことができますし、筆者の主張が最初と最後の段落で繰り返し述べられているならば、記述ではより分かりやすい方をまとめて書けば良いことが分かります。構造的に読む以外のこととしては、現代文は、文中では直接述べられていない筆者の意図をくみ取らなければなならないので、様々な文章に触れて、典型的な考えを読む前から知っておくということ大切だと思います。

ページの先頭へ