大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談
閉じる

高校1年

内進生だけでなく、他の中学から来た外進生の人たちとも友達をつくることができました。自分がやりたいことを少しずつ考え始めました。

高校2年

文化祭や運動会、修学旅行などの行事を精一杯楽しんだ。部活動では初の県大会に出場しました。冬頃から志望大学を決め、3学期から少しずつ受験勉強を始めました。お世話になった卓球部の先輩たちが卒業し、大号泣しました。

高校3年

春 〜Spring〜

卓球の県大会をかけた試合に敗れ、卓球部を引退しました。引退後、本格的に受験勉強をしました。

夏 〜Summer〜

模試の数学で史上最悪点を取ったり、物理の問題が解けなくなるなどスランプに陥りました。焦りや不安を抱えながらも、学校に通ったり、自習室で勉強するなど、一日中勉強する日々が続きました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

夏休みの努力の結果、成績も徐々に上がり始めました。11月のセンター模試で良い結果が取れず、落ち込みました。センターまであまり時間のない中、ひたすらマークの演習を続けました。センター後も二次試験の勉強をし、広大に合格できました。

合格格言

今、頑張っていればいつかきっといいことがある。

部活動が辛くて辞めたいと思ったとき、先輩から励ましの言葉をもらったことで、頑張ることができたから。

ページの先頭へ

PICK UP!!