大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2880

数学の点数が高3の夏休みの間にかなり伸びたこと

学校にいるころからずっと、数学が苦手で、それをどうにか克服したくて、個別指導Axisに入塾させていただきました。それでも、はじめの頃は、一生懸命やっているのになかなか成績が芳しくなく、学校の先生からは、日々の学習の仕方をもう一度きちんと考えるように言われました。そしていよいよ時は受験前最後の夏休みとなり、もう数学を苦手だからといって避けて通ることは許されない時期が来ました。ここで、塾の夏期講習に参加し、自分でしっかりと手を動かして考えたものを、解いたすぐ後に、経験豊富な先生とともに確認するということを、夏休み中、繰り返しました。この経験を通じて経験値を高められたことはもちろん、先生たちが自分の間違え方の癖なども逐一指摘してくださったことで、しょうもないミスをなくすための取り組みもでき、本番でいつもやってしまうミスをすることはありませんでした。この経験から、自分の答案を真横で常に確認してくれる先生の存在のありがたみが特に感じられた夏休みの夏期講習が最も記憶に残っています。

個別指導Axisの先生からのコメント

高校1年時より海上保安大学校と歯学部受験の2本立てで考えていました。その想いは受験時まで変わることなく、結局、両方の合格を勝ち取りました。一度決めたハードルを変えないからこそ、成績の浮き沈みに関係なく、「次は○○をしなければ」と、固定したゴールに向けて常にポジティブに課題を認識し、実践していました。合格直後も「大学入学までに英語と生物を勉強しなければ」と、入学直後に必要とされる学習に意識が切り替わっていました。後輩たちにもそのすばらしい姿勢を伝承してほしいものです。

  

ページの先頭へ