大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2769

古家 諒也さん

古家 諒也さん

高校1年

部活部活の毎日でした。徹夜することもしばしばあり、生活リズムは乱れていました。

高校2年

部活部活の毎日でした。1年の時とは異なり、睡眠時間等の生活リズムは意識するようになりました。勉強は授業やテスト期間に重きをおいてやりました。

高校3年

春 〜Spring〜

7月末にある全国大会に向けて、本格的に部活が始動しました。家でも部活ですることがあったので、勉強は授業やテスト期間、塾の時間にやろうと決めて、メリハリを意識しました。

夏 〜Summer〜

全国大会直前は、今まで以上に部活が忙しく、勉強では周りの友達から離されました。模試などで周りと成績を比べ、焦る気持ちもありました。しかし、今は部活に集中しようと決心して、悔いが残らないよう部活に打ち込みました。大会の結果は目指した日本一には届きませんでしたが、それでもやり切ったという気持ちがありました。部活が終わってからは勉強に切り替えて、塾の夏期講習も活用して、受験勉強をスタートさせました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

秋にはオープン模試がたくさんあり、その度に自分の力不足を感じました。模試で感じたその気持ちを頑張るエネルギーに変えて、勉強しました。学校や塾の授業に重きを置くスタイルは部活をしていた時と変わらず、自分のペースで出来ることを1つずつ増やしていこうと思って勉強しました。センター試験直前はセンターの勉強だけに集中しました。センター後は2次に切り替えて勉強し、直前の模試でやっと手応えを感じられました。直前は過去問に、時間制限や得点目標を決めて取り組みました。目的意識を持った勉強は有意義だったと思います。

合格格言

感謝の気持ちを忘れずに

受験勉強ができるのは、保護者や先生方に支えてもらっているからこそ。その人たちに恩返しできるように、という気持ちは強いモチベーションになる。

ページの先頭へ