大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-3376

高校1年

自分の実力から2つほど下げた高校に入り、学年順位は1桁にのっていました。家がそこまで裕福でないこともあって、大学の受験料を稼ぐために6月ごろからアルバイトを始めました。そこから少しずつ下がっていき、冬頃には30番くらいになりました。当時の僕は「30番くらいならええやろ」という感じで全く気に留めていませんでした。

高校2年

文系の上のクラスに入り、それなりに勉強していました。アルバイトのほうでは、当時目標にしていた100万円に届かないことを悟り、アルバイトの掛け持ちを始めました。その時期からさらに成績が下がり、60番くらいになってしまいました。冬頃に目標金額をためることができ、アルバイトを週2回程度にし、大学受験のことを考え始めました。

高校3年

春 〜Spring〜

アルバイトを続け、体育祭活動に積極的に取り組みながら,本格的に受験勉強を始めました。最初の模試では、偏差値が55ほどしかなく、志望校からどれだけ自分が離れているかを知りました。体育祭が終わってアルバイトをやめて受験勉強一本に集中しました。

夏 〜Summer〜

過去問を解き始めて、6割から7割を切るくらいしか取れず、実力のなさを痛感しました。志望大学にあった勉強法を模索し、自分なりに勉強に励みました。得点はすぐには上がらなかったけどめげずに過去問を解き続けていると、ある日急に高得点が取れるようになりました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

勉強がいよいよ佳境に入ってきて、焦りが出てくるようになりました。周りの賢い人たちと自分を比べてしまって、自分が無力に感じました。でもくじけていてはだめだと自分に言い聞かせ、公募推薦入試のために勉強し、一つは落ちてしまったけど、もう一つは合格しました。その安心感から勉強にも集中できて、一般入試ではいい結果を残せました。

合格格言

サボることをやめる。

休憩している時にこの言葉が頭に浮かんだらやる気がわいてきました。

ページの先頭へ