大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-3419

進路相談とメンタル面のケア

模試が帰ってくるたびに点数の上下に悩まされ、いつかはどうにかしなくてはと思いつつ行動に移せなかったため、模試を全て先生に提出して毎回相談させていただきました。相談を始めてからは、直接に対策方法や勉強に取り組むしせいなども聞くことができ、少しずつ成長につながるようになりました。また授業の際には、各教科の先生がお話され、きれいごとではなく、受験お現実をありのまま教えてくださり、油断することなくずっと緊張感のある雰囲気で取り組むことができました。長女で初めての受験のため親も国公立受験のことはあまり詳しくなく、すべて先生方からご指導いただきました。自習室での勉強もよく集中できました。本当にありがとうございました。

受検生活を振り返れば、悩んだり落ち込んだり焦ったり…そんな時、支えて一緒に乗り越えてくれた人へ、感謝のメッセージ
母親

志望校を決める話し合いを定期的に行う度にぶつかり合い、何度も泣きながら受験期を過ごしてきました。中学受験のときから何度も助けてもらい、はげましてもらい、すべてを受け入れてきてもらったのに、そのお礼も言わないまま、また大学受験でも迷惑ばかりかけてました。疲れてイライラしたまま当たり散らし、つきはなすこともありました。共通テスト直前に何度やってもうまく伸びなかった点数も当日に最後まギリギリまで不安を消してもらったのも、合格発表を見て一緒に喜んだのも、すべて母さんでした。どんなときもずっと一緒にいろんなことを乗り越えさせてもらったのに、直接お礼も言ったことなかったね。本当にありがとう。卒業まで最短でもあと6年。これ以上不安を増やすことがないよう全力で頑張るから応援してね(笑)

能開センターの先生からのコメント

高2の冬でいよいよ受験勉強をスタートさせる頃から、面談で模試の結果から学習法や今後のプランなどアドバイスする機会が多かったと思います。成績の良し悪しに関わらず、常に現状の自分と向き合い続け、志望校合格に向けて一直線に頑張った結果、見事、推薦入試で合格を手にするができましたね。合格報告に来てくれたあなたの笑顔がとても印象的でした。大学でしっかり学び、思いやりのある立派な医者になってくださいね。
(校責任者) 清本

  

ページの先頭へ