大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-3377

高校1年

入学早々、見事に落ちこぼれました。
朝から晩まで部活に拘束され、キツすぎてやめました。
学校に行っても家にいても、自分に自信がなくて何もやる気がおこりませんでした。

高校2年

部活に入り直し、新しい環境に身を置くことで、少しずつ自信を取り戻していきました。
また、塾に入って、自分の勉強に対する態度を見直す機会が出来ました。
大学進学に対する意識もこの頃やっと持ち始めました。
いちばん充実していて、学校に行くのが楽しくて、少し勉強が軌道に乗り始めました。

高校3年

春 〜Spring〜

コロナのせいで部活も不完全燃焼に終わり、学校に行かない自粛期間の間は何も楽しいこともなく家でじっとしていました。
Axisのオンライン授業以外は本当に家族以外と対面する機会も少なくて、勉強にもあまり気合いがはいりませんでした。

夏 〜Summer〜

やっと学校が再開し始め、体育祭などの楽しいはずの行事がなくなりはしたものの、クラスメイトとやっと打ち解け、課外授業に毎日出席しました。
正直この頃がいちばん、何をすればいいかも分からないし、大学もはっきり決められないしで辛かったです。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

志望大学も絞りに絞って、あとは追い込むだけとなり、学校の先生やAxisの先生両方から沢山励ましの言葉を頂いて、気力を保つことが出来ました。
辛くても大好きな先生に会えるので塾も楽しんで行けたし、行くだけで元気を貰えたので、何とか乗り切ることが出来ました。
受験前にカイロを頂いたり、先生からのお手紙を貰ったりで、最後まで本当に1回1回の授業や、授業が終わってからの時間も大切にしてくださいました。

合格格言

最後まで毎日学校にいくこと

受験前のシーズンで、予備校も兼ねている塾に、学校に行かず朝から入り浸る人がいて悔しかったですが、課外や学校で最後の最後に習った内容が実際に試験に出ました。まずは学校の授業を絶対に疎かにしないこと、課外でも成果の授業でも、ためにならないものなんてありません。学校に行ったそのうえで、塾で復習をしていくのが大事だと思います。

ページの先頭へ