大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2812

高校1年

理科の基礎が始まったり、数IIBを習い始めた時だったから基礎を落とさないように授業にしっかり取り組み、定期考査で順位一桁代をキープできるよう頑張った。
一気に勉強が難しくなり、生活リズムが乱れがちだった。

高校2年

進路を理系に決定し、理科の発展や数学に力を入れ始めた。
化学が志望学部の必須科目だったから置いていかれないように必死だった。この頃から模試が増え始めて、成績が伸びないことでめっちゃ落ち込んだ。

高校3年

春 〜Spring〜

まだ受験生の自覚が薄く、高校2年の気分が抜けず周りより勉強が疎かになり、成績が伸びなかった。授業もほとんどの教科が復習で新しく学ぶことがあまりないから、少し気が緩んでいた。
毎月模試が最低一回あった。

夏 〜Summer〜

ここから赤本などで過去問を解いたり、問題集を何度もやるなどして本気で取り組み始めた。わからないところはなるべく自己完結させず、学校や塾の先生に聞いた。秋前ぐらいにやっと偏差値が上がりだしたが、志望校判定が本気で悪くめっちゃ落ち込んだ。頑張りと判定が比例しなかった。
でも人と比べることはしなかった。比べるだけ精神的に良くない。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

11月が毎週入試だったから、出願した段階から不安が大きくて泣きそうになることが毎日あった。この時期は今まで解いて間違うことが多かった問題をいろんな問題集で解きまくった。とにかく記憶を安定させるために睡眠をよく取っていたから生活リズムは良かった。

合格格言

他人は他人、自分は自分

高校3年生の時の現国の先生が受験生の時に使っていた言葉で、周りの人と自分の成績を比べて落ち込みそうな時に自分に言い聞かしていました。周りと比べるより、過去の自分と比べる方がよっぽど自分のためになるので落ち込みそうな時に自分の心の中で唱えるのがおすすめです。

ページの先頭へ