大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-3440

高校1年

受験などは全く意識しておらず、志望校も決めていなかった状態だったので、どうしようか悩んでいる時期でもあったし、受験について本当に想像することができませんでした。この時は、化学と生物、物理の3教科を受けないといけなくて、とてもしんどかったのを覚えています。たくさんのことを一気に覚えないといけなかったので、とてもしんどかったです。

高校2年

少し高一の時より、受験を通して意識はするようになっていきましたが、各日の小テストも落ち続け、恥ずかしながら再テストばかり受けていました。でも今となってはその繰り返しの小テストがあったから、勉強した内容がしっかりと頭に残っているんだなと思っています。特に古典はすごく自分にとって1番力がついたと思っています。

高校3年

春 〜Spring〜

いよいよ、友達も志望校を決めだし、どんどん自分が置いていかれている気がして、急いで志望校を決めました。最初、やりたいことを書き出して、それに関連した学部を探して、大学を決めました。決まったらその大学合格に向け、自分の成績からどのぐらい差があるのかなど、模試の帰ってくる結果を見て、自分に今何が足りないのか常に考えていました。

夏 〜Summer〜

この頃から、ひとつの入試の準備を始めました。出願までの期間が1ヶ月ほどの期間しかなく、焦っていたのを今でも覚えています。ですが、目の前のたくさんの小テストや課題を着実にこなすことで、入試に向けての力をさらにつけることができるという大切なことを気づかせてくれるとても大切な期間でした。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

模試の数も月に5回ほど受けていたので、毎回出る志望校判定にショックを受ける日々でした。でもその志望校判定のおかげで、自分がどのくらい頑張らないといけないのか、明確に示されているような気がして、合格に向けて、勉強をすることができました。

合格格言

全力

何事も中途半端にやるのではなく、最後まで諦めずに努力することが大切だと受験を通して改めて思ったからです。

ページの先頭へ