大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-3178

合格のポイントになった時期&科目

高2
英語

文構造の把握は精読の入り口!

能開センターに通っていない1年生の間は、特に何も意識することなく英語の勉強をしており、ただ授業を受け、文章の暗記を中心に定期テストを受けていた。しかし、模試になると全く長文が読めず、成績が出ないため長い間、英語に対して苦手意識を持っていた。
そんな中で能開センターに入会し、ある先生の「文構造の把握は精読の入り口」という言葉を聞いた。夏休みに入り、まとまって時間がとれたので、まずはやってみよう!と思い、英文解釈のテキストで出てくる英文を全てSVOCMをつけ、繰り返し読み続けた。そうすると、それまでは単語の並びであった英文の構造が分かり、単語の役割とつながりから初見の英文を理解できるようになった。

ページの先頭へ