大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-1768

大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談

高校1年

放課後、平和活動をしたりその準備をしたりすることに追われ、勉強も高校に入って難しくなり、1年のうちに何度も活動を辞めるかどうか悩みました。

高校2年

高校1年生のときに行っていた平和活動を続けており、副委員長の役職を与えられ、後輩もできたことでさらに忙しくなり、学校で終えることができなかった活動に関することを家に帰って夜遅くまでやっており、平日はほとんど勉強ができていない状況でした。活動の忙しさから何度も辞めたくなりましたが、役職を与えられていたことや、自分がやると決めたことをやり遂げたい!という思いから、高2の最後まで活動し続けました。正直、勉強との両立はできていなかったと思います。

高校3年

春 〜Spring〜

高校2年間、まともに勉強ができておらず、苦手な数学の点数が下がる一方だったことを不安に思い、入塾することを決めました。放課後の活動がなくなったことで、毎日放課後は自習室に行くことができ、授業の予習・復習ができること、自分がしたい勉強をするだけの時間があることに喜びを感じました。

夏 〜Summer〜

夏休みは、普段より自習時間ができるということで、張り切って勉強の予定を立て、毎日10時間近く勉強をしていました。しかし、勉強時間が急激に増えたことでスランプに陥ってしまった時期もありました。夏休みに、第一志望の大学の過去問を1年分だけ解き、自分にこれから必要な勉強を知ることができたのは良い経験だったなと思います。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

受験が直前に迫った不安から、勉強が手につかなくなってしまった時期がありました。しかし、苦手な科目に触れない日がないように1問でも解くことを続けました。試験を受ける直前まで、不安はなくなりませんでしたが、いろんな教科の点数が安定したり、伸びたりしたことを実感できたことや先生の声かけが心の支えになりました。

合格格言

積み重ねが1番!

数学の苦手分野も英語の苦手分野も、コツコツと気長に問題を解くことで克服することができた。

ページの先頭へ

PICK UP!!