大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-1552

大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談

秋口 楓さん

秋口 楓さん

高校1年

高校1年生のときはとりあえず、テスト勉強だけ頑張って、休みの日は勉強はしないで、寝るか、友達と遊んでいました。
でも、指定校で大学に行きたいと思い悪い成績は取らないようにしていました。

高校2年

指定校を本気で視野に入れ、毎回の定期テストでは目標点数を定めてそれに向けて勉強していた。指定校が落ちた時の事も考えて、他の人よりも早いスタートが切れるように英語は頑張っていた。
自分よりも高い点数を出している子を見て落ち込む時もあったけど、自分より1歩前にいる人に一生懸命ついていっていた。

高校3年

春 〜Spring〜

本格的な受験勉強がスタートして最初は何の科目を解いても全く点数に出なくて落ち込んでいました。

夏 〜Summer〜

指定校の学校成績に入る最後のテストで今まで以上の点数を出そうと毎日塾に行って自習をしていました。
夏休みでは一般やセンター、公募に向け過去問を解きまくっていました。お昼過ぎぐらいから夜の10時近くまで残って勉強してました。家にいるより塾にいるほうが長いのが日常となっていました。

秋・冬 〜Autumn & Winter〜

指定校が発表され、自分の行きたい大学の学部に希望を出し、学内選抜が決まるまではいつも通り受験勉強をしていました。指定校が決まってからは、大学に入ってからの学力の差を少しでもなくすために英語の外部試験の勉強を頑張ります。

合格格言

マメな努力がキセキをおこす

中学の部活のときに着ていたTシャツの言葉で、部活面でも勉強面でもこれに支えられてきた

ページの先頭へ

PICK UP!!