大学受験GOナビ

WAO!が贈る高校生のための大学受験情報サイト

2015年度センター試験まで あと-2943

大学受験挑戦者へのYELL! 先輩から後輩へ贈る受験体験談

積み重ねたもの

僕は受験を行うにあたって、オンラインゼミで小論文の対策授業を履修しました。しかしその講座の履修を行う前まで、自分は小論文を書くことが得意であると思っていました。
実際、最初の頃は自分でも上手く書けたと思える完成度の小論文を書くことができました。内容が比較的書きやすいものであった、そこまで専門的な知識を必要としない題であったなどの理由もあるとは思います。漢字間違いなどの小さなミスはありこそしましたが、目立ったミスもほとんど無く、悪いものではなかったと感じました。
しかし、いざ過去問を書くことになり、実際に書いてみたところ、自分の考えを上手くまとめることができないと言う状況に陥ってしまいました。内容が法律の知識を含むようになり、難易度が上がったこともあります。実際指導をして下さった先生も仰っていましたが、僕の取り組んでいた小論文は難しい内容のものが多かったと感じます。
そこで、小論文を時間内に書き上げられるようにし、自分の考えを短時間でまとめられるようにするためにもその指導の中でプロットを作る練習を行いました。
これを五分以内で書き上げるようになることがこの練習の最終的な目標でした。
しかし最初はこの練習を行うことは本当に自分の身になるのかと最初は少し思っていました。しかし、その練習を継続するにつれ、自分の考えを短時間でまとめることができるようになりました。
そして、この練習の成果が発揮されたのは入試当日でした。当日出題された題は博物館法の改正と学芸員制度についてでしたが、実際に問題を解き始め、内容を確認すると、自分の考えがスラスラとまとまり結果プロットを五分以内に作ることができました。小論文の内容を考えながら書くこと無く時間に余裕を残しつつ、自分の考えを論理的にまとめることができました。
自分の行ってきた練習の成果が合格という形で報われる結果となったので、この指導を行ってくださった先生に感謝の言葉を伝えたいと思います。

個別指導Axisの先生からのコメント

碧くん、合格おめでとうございます!
第一志望への合格、本当にうれしく思います。
私との出会いは2022年5月からですが、Axisには2016年小学5年生から通ってくれてますね。
中学受験を乗り越えての6年間でした。
碧くんはコミュニケーション能力がとても高く、先生たちもとても指導しやすい生徒だと口をそろえて言ってくれています。また、話題が抱負でどんな話題でも会話が弾みましたね!
本当はAxisの指導者として活躍して欲しいのですが大学の近くに校舎がないのが残念です。
大学生活では、勉強にテニスなど色々な事にチャレンジして有意義な4年間を過ごしてください。
ぜひ、高崎校にもまた遊びに来てくださいね。

  

ページの先頭へ

PICK UP!!